広告 baby・kids

【画質が綺麗で安心】七五三のフォトブックはマイブック一択!実際に作ったママが画像付きで本音レビュー

七五三の写真をフォトブックにしたいんだけど、どこのフォトブックがおすすめ?

MY BOOK(マイブック )の 『ART-HC(ハードカバータイプ)』が一番おすすめです♪

みりんママ

この記事では、フォトブックを10冊以上作ってきたわたしが、MY BOOK(マイブック )の 『ART-HC(ハードカバータイプ)』について徹底解説!

実際の画像も用意しており、後悔しない作り方も丁寧に紹介します。

「七五三の写真をフォトブックに残したい」と考える人は最後まで読みすすめ、参考にしてみてくださいね。

この記事で分かること

  • 七五三の写真をフォトブックにする際、おすすめのフォトブックと仕様
  • 実際に作って感じた正直レビュー
  • メリット・デメリット
  • 七五三の写真データを残すのにおすすめ
  • 書店の写真集のようなクオリティ
  • 簡単操作!デザインにこだわりたい人にもぴったり

\はじめての方限定!30%オフ/

七五三の思い出を高品質で残す

リンク先:株式会社アスカネット

七五三のおすすめフォトブックはマイブックのART-HC(ハードカバータイプ)

「七五三の写真データをどこのフォトブックで残そうか…」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

おすすめは、マイブックのハードカバータイプです。

ここでは、ハードカバータイプの仕様や特徴について紹介します!

ハードカバータイプのフォトブックの画像は、以下のとおりです。

画像引用:MY BOOK
画像引用:MY BOOK
画像引用:MY BOOK
画像引用:MY BOOK
画像引用:MY BOOK
画像引用:MY BOOK

仕様や特徴をひとつずつ紹介します!

【七五三のおすすめフォトブック】ART-HC(ハードカバータイプ)の仕様

マイブックのハードカバータイプの仕様は以下の図にまとめました。

ハードカバータイプの仕様と価格。

フォトブックの形状ブックサイズページ数価格
正方形210S|216mm×216mm
300S|305mm×305mm
260S|266mm×266mm
180S|186mm×186mm
CD|130mm×130mm
10P・20P・30P・40P・50P・60P・70P・80P・90P・100P2,980円〜(1冊)
縦長290T|297mm×210mm
263T|263mm×186mm
200T|210mm×148mm
10P・20P・30P・40P・50P・60P・70P・80P・90P・100P3,480円〜(1冊)
横長200Y|210mm×297mm
180Y|186mm×263mm
140Y|148mm×210mm
10P・20P・30P・40P・50P・60P・70P・80P・90P・100P3,480円〜(1冊)

※すべて税込価格です

ハードカバータイプでできること

表紙仕上げ(※1)ラミネート加工-光沢、ラミネート加工-つや消し
綴じ方(※2)無線綴じ
本文仕上げ(※3)ラミネート加工-光沢、ラミネート加工-つや消し、ニス加工
送料宅急便:650円
ゆうメール:220円
※ゆうメールは、210S/180S/CD/200T/140Yサイズの10/20ページを1冊ご注文の場合のみ選択可能

※すべて税込価格です

(※1)表紙仕上げについて

画像引用:MY BOOK

(※2)綴じ方について

画像引用:MY BOOK

(※3)本文仕上げについて

画像引用:MY BOOK

マイブックのフォトブックの特徴は、とにかく印刷が美しいこと!

さらに、ハードカバータイプは、マイブックの中で一番人気の仕様です。

大切な記念日の写真を、安心してフォトブックに残すことができますよ。

みりんママ

マイブックの特徴やメリット・デメリットが知りたい方はこちらの記事もあわせてどうぞ♪

実際に作ったART-HC(ハードカバータイプ)の詳細

ここでは、わたしが実際に作った、ハードカバータイプのフォトブックの詳細を紹介します。

注文日から10日後に発送の連絡がきました。

そして商品は、以下のようなかたちで届きました。

Lサイズのピザの箱みたい!めちゃくちゃ大きい。

みりんママ

開けてみると、プチプチで丁寧に梱包されていました♪

ハードカバータイプのフォトブックは以下のとおり。

ケース付き♪本体が汚れにくく安心!

ケースを外すとこんな感じ!重厚感がすごい…!

わたしが実際に作ったマイブックのハードカバータイプの仕様は、以下のとおりです。

フォトブックの種類MyBook ART-HC(ハードカバータイプ)
ブックの形状正方形
表紙仕上げラミネート加工(光沢)
本文仕上げラミネート加工 つや消し(マットな印刷)
サイズ300Sサイズ(305mm×305mm)
ページ数100P
値段24,980円
送料(宅急便)650円
合計金額25,630円

※すべて税込価格です

わたしは、表紙が光沢、中はマットな印刷を選びました!

マイブックは標準で高品質なため、自分の好みで選んで大丈夫ですよ♪

みりんママ

とにかく印刷が美しく、見ていてうっとりします。

さらに、100ページを選択したことでプロのカメラマンに撮ってもらった画像をすべて印刷することができました!

ページ数が少ないと「これもかかいい〜」「あれもかわいい〜〜」「全部かわいくて選べない…」と、画像選定するのにすごく時間がかかりますよね。

最初から多いページ数の仕様にすることで時短にもなり、サクっと作れたこともうれしいポイントです。

「この仕様でフォトブックにしてよかった!」と大満足しています。

みりんママ

七五三の写真データをどこのフォトブックで作るか悩んだ際は、ぜひマイブックのハードカバータイプを検討してみてくださいね。

  • 七五三の写真データを残すのにおすすめ
  • 書店の写真集のようなクオリティ
  • 簡単操作!デザインにこだわりたい人にもぴったり

\はじめての方限定!30%オフ/

七五三の思い出を高品質で残す

リンク先:株式会社アスカネット

【七五三のおすすめフォトブック】写真スタジオでアルバムを作成した価格と自作した価格の比較

ここでは、写真スタジオでアルバムを作成した価格と、フォトブックを自作した価格の比較を紹介します。

マイブックのフォトブックは、この記事でおすすめしている仕様と価格です。

マイブック料金例スタジオアリス料金例スタジオマリオ料金例
商品
(スタジオの場合 プラン)
ART-HC(ハードカバータイプ)七五三セットの『シンプルセット』プレシャスコレクション
画像引用:MY BOOK
画像引用:スタジオアリス

画像引用:スタジオマリオ
サイズ305mm×305mmデザインフォト
四切写真5枚
295.5mm×291mm
マイブック ページ数
(スタジオの場合 内容)
最大100ページ衣装2着
ヘアメイク
6ポーズ
画像データなし(別途購入)
別途 撮影料金がかかります
写真枚数(最大)無制限10枚20枚
料金24,980円--
送料650円--
合計金額25,630円43,780円59,400
マイブック|はじめての方限定
30%オフを適用した場合
17,941円--

※すべて税込価格です

大手写真スタジオでアルバムを作ってもらうのに比べると、マイブックで自作した場合、半分程度の価格に抑えることができます!

さらに、マイブックをはじめて作る方は30%オフ

この記事で紹介しているハードカバータイプのフォトブックの場合、25,630円17,941円に!

撮影料金が別のスタジオマリオと比較すると、41,459円もお得に!

みりんママ

40,000円あれば、写真スタジオでプロのカメラマンに撮影してもらう価格と同じくらいの場合も。

さらにマイブックのハードカバータイプは、自作のため印刷したい写真の枚数が無制限でレイアウトできます。

お値段以上の仕様・品質のため、大切な七五三の思い出をフォトブックに残すことができるでしょう。

  • 七五三の写真データを残すのにおすすめ
  • 書店の写真集のようなクオリティ
  • 簡単操作!デザインにこだわりたい人にもぴったり

\はじめての方限定!30%オフ/

七五三の思い出を高品質で残す

リンク先:株式会社アスカネット

マイブックのART-HC(ハードカバータイプ)を作って感じた3つのメリット

ここでは、マイブックのART-HC(ハードカバータイプ)を実際に作って感じた3つのメリットを紹介します!

クリックすると、好きな場所へ飛べるよ

メリット①印刷がきれいで最高の品質

ハードカバータイプは、マイブックの仕様の中でも一番人気の仕様ということもあり、画質が安定の美しさ!

また、表紙や中身の紙質もしっかりとしています。

そのため、プロのカメラマンに撮ってもらった七五三の画像を最高の形で残すことができました♪

みりんママ

「フォトブックを作った時画質が悪くて後悔したらどうしよう…」と不安に思う人もいるのではないでしょうか。

マイブックは高画質なのが特徴です!

画質がとにかく美しいので、後悔なく安心してフォトブックを作成することができるでしょう。

メリット②写真がさらに素敵に映える

七五三の写真を、スタジオで写真を撮ってもらった方も多いのではないでしょうか。

我が子も写真スタジオでヘアメイクをお願いし、プロのカメラマンに写真を撮ってもらいました。

さすがプロ。表情を引き出すのがうまいだけでなく、美化されてる気が…

みりんママ

そしてその素敵な写真を使用し、マイブックのハードカバータイプで作ってみると…。

肌や背景、写真のすべての印刷がなめらかで、とにかく画質がきれいなのがマイブックの特徴。

フォトブックが高品質なこともあり、「まるでモデルみたい…!」と感動するレベルです。

素敵な写真がさらに映えるのもフォトブックに残す最大の魅力といえます。

ハードカバータイプを作成する際、個人的には大きいサイズを選ぶのがおすすめです!

みりんママ

大きいからこそ伝わるその場の空気感や、被写体の存在感。

表情もしっかりと確認することができ、思い出を振り返る時にとても心があたたまる気持ちになります。

ただし、大きいと場所をとるデメリットがあるため、「場所を取るのはイヤだ」と考える方はほかのサイズも検討してみてくださいね♪

メリット③家族で何度も手軽に見返すことができる

マイブックに限らず言えますが、画像データをフォトブックにすることで手軽に何度も見返すことができるのもメリットです。

スマホやパソコンに入っているデータを見返そうと思っても、すぐに見つからなからないときがありますよね。

また、画面が小さくその時の空気感が伝わらないことも…

みりんママ

わたしはハードカバータイプの中でも一番大きなサイズ(305mm×305mm)にしたことで、フォトブックを見るたびその時の映像や雰囲気を感じることができ大満足!

七五三のように一生に何度もあるわけではない記念日は、大きなサイズのフォトブックに残すことがおすすめです♪

  • 七五三の写真データを残すのにおすすめ
  • 書店の写真集のようなクオリティ
  • 簡単操作!デザインにこだわりたい人にもぴったり

\はじめての方限定!30%オフ/

七五三の思い出を高品質で残す

リンク先:株式会社アスカネット

マイブックのART-HC(ハードカバータイプ)を作って感じた2つのデメリット

ここでは、マイブックのハードカバータイプを実際に作って感じた2つのデメリットを紹介します!

クリックすると、好きな場所へ飛べるよ

デメリット①値段が高く感じる

わたしが今回作成したフォトブックは、マイブックのハードカバータイプです。

本体と送料をあわせて、25,630円(税込み)でした。

この価格だけを聞くと「高いな…」と感じる方もいるでしょう。

みりんママ

とはいえ、フォトブックを写真スタジオで作ってもらうとなると、印刷できる写真の数は少ないのに4万円以上と高額になることがほとんど。

≫写真スタジオでアルバムを作成した価格と自作した価格の比較を読む

マイブックでフォトブックを自作する際、作成する作業は必要になりますが、特別難しい操作はありません。

写真スタジオでお願いするよりも値段を抑えながら、ボリューム満点のフォトブックを作ることができるのが最大の魅力です!

みりんママ

さらに、マイブックをはじめて作る方は30%オフでフォトブックが作成できます。

この記事で紹介しているハードカバータイプのフォトブックの場合、25,630円17,941円に!

お得に大切な思い出を残せるので、この機会にぜひ検討してみてくださいね♪

\はじめての方限定!30%オフ/

七五三の思い出を高品質で残す

リンク先:株式会社アスカネット

デメリット②背表紙の角がつぶれることがある

わたしは、過去にもハードカバータイプでフォトブックを作ったことがあるのですが、角が潰れてしまいました。

過去に作ったハードカバータイプの画像はこちら。

  • 本棚から出し入れする時は丁寧に扱う
  • 保管する際は、フォトブックに他の物がぶつかってないか確認する

このように丁寧に取り扱うようにすれば、角が潰れるのを防ぐことができますよ!

大切なフォトブック…角がつぶれないよう気をつけましょう!

みりんママ

マイブック|ART-HC(ハードカバータイプ)がおすすめの人

マイブックのハードカバータイプがおすすめの人は、以下のとおりです。

  • 七五三の写真データをフォトブックにしたいけど、どこで作るか悩んでいる人
  • フォトブックのボリュームを大きくしたいと考える人
  • 画像の選定が面倒だと感じる人

わたし個人的なおすすめですが、ハードカバータイプは100ページで作成するのがおすすめ。

ページ数が少ないと、プロのカメラマンに撮ってもらった写真を選ぶのが大変だからです。

「ボリュームたっぷりの見ごたえのあるフォトブックを作りたい!」と考える方に本気でおすすめいたします♪

みりんママ
  • 七五三の写真データを残すのにおすすめ
  • 書店の写真集のようなクオリティ
  • 簡単操作!デザインにこだわりたい人にもぴったり

\はじめての方限定!30%オフ/

七五三の思い出を高品質で残す

リンク先:株式会社アスカネット

【七五三のおすすめフォトブック】マイブックのART-HC(ハードカバータイプ)がおすすめできない人

マイブックのハードカバータイプをおすすめできない人は、以下のとおりです。

低品質でもよいので、フォトブックの価格を少しでも抑えたい人

マイブックのフォトブックは、値段だけを見ると決して「安い」とは言えません。

仕様面でページ数を減らす工夫をすれば、価格を抑えることは可能です。

とはいえ、「七五三の写真はプロに撮ってもらったものがたくさんあり選ぶのが難しい」と悩む人も多いでしょう。

そこでおすすめなのが、しまうまプリントのフォトブックです!

しまうまプリントは、リーズナブルにフォトブックを作成できます。

▼実際に作ったフォトブックの画質やメリット・デメリットが知りたい方はこちらもどうぞ。

【七五三のおすすめフォトブック】マイブックのART-HC(ハードカバータイプ)の作り方

ここでは、マイブックのハードカバータイプの作り方を紹介します!

作り方は何パターンかあるのですが、今回はわたしが作った方法を解説します。

一緒に確認していきましょう♪

みりんママ

\はじめての方限定!30%オフ/

七五三の思い出を高品質で残す

リンク先:株式会社アスカネット

最初に、マイブックの公式ホームページを開きます。

そして「今すぐ作る」をクリック。

次に「こだわり作成ソフト(PC)で作る」を選択します。

『こだわり』と記載されていますが、難しい作業はないので安心してくださいね♪

次に「ART-HC (ハードカバータイプ)」を選択します。

下にスクロールし、仕様と価格を選択します。

自分の好みの仕様にしましょう♪

みりんママ

この記事で紹介している七五三のフォトブックは、「正方形」「300S」「100P」で作成しました。

仕様が決まれば「MyBookEditor ダウンロード」をクリック。

そして、こだわり作成ソフト「MyBookEditor」にて、フォトブックを作成します。

注文確定ボタン」を押すと申し込みが完了します。

注文確定ボタン」を押すまで、費用は発生しないので安心!わたしは約半日で100ページに画像96枚を配置しました。

みりんママ

【七五三のおすすめフォトブック】マイブックのART-HC(ハードカバータイプ)を作る時の注意点

MY BOOK(マイブック )で、ハードカバータイプを作る時の注意点はただ一つです。

失敗しないポイントは、中央の画像が見づらいので、なるべく両はしに画像を配置すること!

下の画像からもわかるよう、フォトブックの中央部分は180度開かず、画像がすべて見えません。

おすすめは、余白を残したり、両はしに写真をレイアウトしたりすることです。

そうはいっても、ダイナミックに集合写真をレイアウトしたいときもあるでしょう。

「どうしても人を入れたい」と思う場合は、顔の中のパーツ(目・鼻・口など)が中央にこないようにレイアウトするのがおすすめ。

写真がすべて見えなくても、違和感を抑えることができますよ♪

みりんママ

マイブックでハードカバータイプを作る際、「こんなはずじゃなかった…」とならないためにもぜひ参考にしてみてくださいね♪

【七五三のおすすめフォトブック】マイブックのART-HC(ハードカバータイプ)に残そう

この記事では、フォトブックを10冊以上作ってきたわたしが、MY BOOK(マイブック )の 『ART-HC(ハードカバータイプ)』について徹底解説しました。

ここから記事のおさらいをしましょう。

マイブック の『ハードカバータイプ』は、高画質・高品質!

七五三の写真をどこのフォトブックで作るか悩んでいる方に、一番おすすめです♪

みりんママ

ハードカバータイプのメリットは、以下のとおりです。

ハードカバータイプのデメリットは、以下のとおりです。

人生で何度もあるイベントではない七五三。

写真をデータとしてスマホやパソコンに残しておくだけでは、もったいないです♪

フォトブックに残すことで、家族で手軽に見返すことができますよ。

みりんママ

フォトブック作成やデータの整理を後回しにすると、管理が大変になることも…

「データがどこにあるか分からない」「大切なデータが消えてしまった!」など後悔しないよう、大切な七五三の写真データをマイブックに残しましょう。

  • 七五三の写真データを残すのにおすすめ
  • 書店の写真集のようなクオリティ
  • 簡単操作!デザインにこだわりたい人にもぴったり

\はじめての方限定!30%オフ/

七五三の思い出を高品質で残す

リンク先:株式会社アスカネット

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みりん

フリーランス・アラフォーママ(👧4歳)|ブロガー・ライターとして活動中|さらに、Adobe Photoshop ・Illustrator マンツーマン講師をしています|元紙媒体デザイナー(デザイン歴は約15年)|かなりの旅行好きで、海外は12カ国行きました|八重山諸島が大好きで、独身時代は年に3回程度、一人旅していました|目標は親子留学、子供が巣立ってからは夫と世界一周すること

-baby・kids