広告 baby・kids

ベビーモニター は忙しいママの必須アイテム!メリット・デメリットを4年使用した私が解説

モデルの蛯原友里さん(えびちゃん)監修のベビーモニターがおすすめって聞いたんだけど、どんな感じ?

実際に使っている人の意見を聞いてから買いたいな。

このように感じているママは、多いのではないでしょうか。

本記事では、実際にえびちゃん監修のベビーモニター・トリビュート(BM-LTL2) を4年使用しているわたしが、メリット・デメリット、口コミ、そして必要性について徹底解説します!

この記事で分かること

  • トリビュート(BM-LTL2)って実際に使った感想
  • トリビュートのメリット・デメリット
  • トリビュート評判・口コミ
  • ベビーモニターを使用するのにおすすめの人
  • ベビーモニターについてよくある質問

PR

トリビュートとは、ベビーモニターのこと

引用元:ワイヤレスベビーモニター|株式会社トリビュート

トリビュート(BM-LTL2)とは、ベビーモニター のことです。

ベビーモニター って?

  • ベビーモニター は、赤ちゃんが寝ている別部屋で、寝ている赤ちゃんの様子を音声や映像で確認できる機器のこと。
  • カメラとモニター、セットで使用します。
  • カメラは寝ている赤ちゃんの近くに置き、赤ちゃんの様子を映します。
  • モニターは、赤ちゃんから離れた部屋にいるママが、赤ちゃんの様子を確認するために使います。

トリビュート(BM-LTL2)について

製品型番BM-LTL2
お手入れ方法布で乾拭き
情報カメラ遠隔操作, 双方向音声, ナイトビジョン, ボイスオン
組み立て必要性なし
メーカー推奨年齢0~6歳

ベビーモニター は、寝ている赤ちゃんの様子をリアルタイムで把握できます。

そのため子育てにひそむさまざまなリスクを防げ、赤ちゃんが寝ている間に安心して家事などができる神アイテムです。

そもそも、ベビーモニターは必要?

引用元:ワイヤレスベビーモニター|株式会社トリビュート

ベビーモニターってぶっちゃけ必要?

結論から言うと、ベビーモニターはあったほうが便利です。

ベビーモニターで赤ちゃんの様子を確認すれば、何度も赤ちゃんの様子を見に行く手間がはぶけ、安心して家事を行えるからです。

ベビーモニターは、赤ちゃんが寝ている間に、ママが別部屋で家事や作業を行う時に使用しますよね。

みりんママ

赤ちゃんに事故が起きていないか、常にチェックしていないと不安な方も多いのではないでしょうか。

そのため、安心感を得るためにあったほうが便利だと言えます。

とはいえ、常に赤ちゃんと同じ部屋にいる場合は必要ないでしょう。

PR

ベビーモニター・トリビュート(BM-LTL2)を4年使った感想

わたしは、我が子が赤ちゃんの頃、フリーランスでデザイン系の仕事をしていました。

いつも赤ちゃんが寝ている間に仕事をしていたため、パソコンの隣にモニターを並べて作業をしていました。

仕事部屋(リビング)と、赤ちゃんが寝ている寝室は離れていますが、常にモニターで赤ちゃんに何か事故が起きていないか確認できるため、「安心して仕事に取り組める」と感じました。

実際に使って感じたデメリット 3つ

とはいえ、デメリットも知ってから購入するか検討したいですよね。

次に、わたしが実際に使って感じたデメリットを正直に紹介します。

クリックすると、好きな場所へ飛べるよ

デメリット①:モニターの充電が切れやすい

トリビュートの一番のデメリットは、モニターの充電が切れやすいことです。

フル充電しても、40分ほどで充電が切れてしまいます。

コンセントを挿しっぱなしにすれば充電については問題ないので、「コードが邪魔」だと気にならない方、常にコンセントとモニターをつないておくのがおすすめです。

みりんママ

お手洗いの時など、少しだけ持ち運ぶのには全然問題ないですよ!

>> デメリット 一覧に戻る

デメリット②:カメラはコードレスにできない

ママが持つモニターはコードレスにできるのですが、赤ちゃんを映すベビーカメラはコードレスにできません。

カメラを使用したい際はコンセントをつないでおく必要があるため、コンセントのない場所では利用できないのがデメリットだと感じました。

赤ちゃんを寝かせる場所の近くにコンセントがあるのか、しっかり確認しておきましょう。

>> デメリット 一覧に戻る

デメリット③:値段が高い

トリビュートは、約15,000円します。

値段だけ聞くと「高いな…それほどの価値はあるのだろうか。」と思うママも多いのではないでしょうか。

ベビーモニターは、子供が成長するにつれ使用頻度は減りますが、0ではないです。

実際我が家では、子供が寝室で寝てから、わたしがリビングで仕事をすることも多いため、子供が4歳になる現在も活用しています。

ちなみに、一台 15,000円だと、1年使用すれば1日約41円です。

3年使用すれば、1日約13円。

わたしに至っては、4年使用中なので1日約10円です。

何度も赤ちゃんの様子を直接確認しに行く手間がはぶけ、安心を買うと思ったら決して高い値段だとは思いません!

みりんママ

>> デメリット 一覧に戻る

実際に使って感じたメリット 5つ

次に、実際に使って感じたメリットを紹介します。

クリックすると、好きな場所へ飛べるよ

メリット①:暗い場所でもはっきり赤ちゃんの様子が確認できる

実際に使用して感じた一番のメリットは、画質が本当に綺麗なことです。

まず、明るい場所での画質は下の画像の通りです。

昼間はもちろん、夜の暗い時間帯も、赤ちゃんの表情や動きまではっきりと見れるので、ゴソゴソ動き出すと「もうすぐ泣きそう」「もうすぐ起きそう」と判断しやすいのが良いです。

我が子の場合は、赤ちゃんの頃、夜中にちょこちょこ起きるタイプでした。

そのため、夜中にパソコンで作業をしている時も、子供が起きそうになったら、急いでデータを保存し、スリープ状態にしてから赤ちゃんのところに向かうようにしていました。

事前に「もうすぐ泣きそう…」の対策ができるのがすごくいい!

みりんママ

>> メリット 一覧に戻る

メリット②:赤ちゃんを映すカメラの角度を、遠隔操作で上下左右変えられる

トリビュートを使用して、暗闇でもはっきり赤ちゃんの様子が見えるのと同じくらい感動した機能が、カメラを遠隔操作で動かせることです。

赤ちゃんは寝ているとき、ぐるぐる動き回りベッドの上をしょっちゅう移動します。

大人では考えられないくらい、360度動きまくります…

みりんママ

そのため、ベッドから転落しないようチェックしておく必要があります。

カメラで映す場所を、モニターから遠隔操作できるため、動き回る赤ちゃんを追って映すことが可能です。

本当に安心ですよね!

>> メリット 一覧に戻る

メリット③:モニターを通して、赤ちゃんにママの声を届けられる

眠りから覚めた時、ママがそばにいなくて泣いてしまう赤ちゃんも多いのではないでしょうか。

そんな時は、モニターの「おしゃべりボタン」を長押ししながら話しかけると、赤ちゃんのそばにあるカメラからママの声が聞こえます。

「ママいるよ〜」「今すぐ行くね」と、ママの声を聞かせてあげることで、赤ちゃんを安心させてあげられるのが嬉しい機能ですね。

>> メリット 一覧に戻る

メリット④:赤ちゃんのいる部屋の温度が表示される

トリビュートは、赤ちゃんがいるお部屋の温度がモニターに表示され、暑すぎないか、寒すぎないかなどをチェックできる機能がついています。

そのため、熱中症や風邪を予防することができますよ。

ただし病気は温度だけが原因ではないため、温度はあくまで参考程度にしましょう。

>> メリット 一覧に戻る

メリット⑤:充電式で持ち運びが便利

ベビーモニターは充電式で、コードレスにして持ち運びが可能です。

ママやパパのお手洗いが長引きそうな時など、トイレにモニターを持っていき赤ちゃんの様子を見れますよ。

たった1分の出来事が事故につながったりする可能性があるため、モニターを好きな場所に持ち運びできるのはすごく便利だと感じました。

>> メリット 一覧に戻る

トリビュートの良い評判・口コミ

次に、トリビュートの良い評判や口コミを紹介します。

時間を有意義に使える

https://twitter.com/yakumama91/status/1529212235041492993
https://twitter.com/hinahina_cosmec/status/1622222881076973573

まず、「時間が有意義に使える」「家事がはかどる」などの意見がありました。

ベビーモニターを利用することで安心して家事を行え、時間を有意義に過ごすことができるのは、忙しいママを助けてくれる神アイテムと言えるでしょう。

暗いところでも赤ちゃんの様子がしっかり見える

https://twitter.com/yukichan__07/status/1611028403913887744

次に、「暗いところでもしっかりと見える」と言う声がありました。

夜、赤ちゃんが寝てから家事をしたいと思うママは多いのではないでしょうか。

トリビュートは、部屋が暗くてもしっかりと赤ちゃんの様子が確認できるため、安心して家事を行うことができますよね。

赤ちゃんやママ、お互いの声がよく聞こえる

次に、「お互いの声が届く」と言う意見が見られました。

トリビュートは、赤ちゃんの声もよく聞こえ、ママの声も赤ちゃんに届けてあげることが可能です。

そのため、離れた場所にいても、赤ちゃんの泣き声がモニター越しに聞こえたり、ママの声もカメラから赤ちゃんに届けてあげたりできます。

赤ちゃんにとっても、ママにとっても安心できる機能と言えるでしょう。

トリビュートの悪い評判・口コミ

次に、トリビュートの悪い評判や口コミを紹介します。

トリビュートは、モニターの電池がコンセントをさしていないとほぼ持たないという意見がありました。

実際にわたしも、モニターの充電が40分前後で切れるのがデメリットだと感じています。

ただし、コードレスにする必要性はほぼないため、コンセントをつないでいても気にならないママは問題ないでしょう。

他には「高いけど良かった」という口コミが多く見られ、ネガティブな意見はほぼ見つけられませんでした。

ベビーモニターを使うのにおすすめなのは「安心感が欲しい人」

次に、ベビーモニターを使うのにおすすめの人を紹介します。

ベビーモニターを使用するのにおすすめなのは、「育児に対する安心感が欲しい人」です。

その理由が、赤ちゃんの健康状態や安全面について常に把握できるから。

別のお部屋で赤ちゃんが寝ている場合、赤ちゃんが安全な状態でいるのか何度も確認しに行くのは、神経がすり減りますよね。

ベビーモニターがあれば、常に赤ちゃんの様子がわかるため、安心して家事や作業を行うことができますよ。

みりんママ

赤ちゃんが寝ている間に、映画を見たり本を読んだりする時も、ベビーモニターがあれば安心!

一生懸命頑張りすぎず、息抜きしましょうね☕️

ベビーモニターについてよくある質問

次に、ベビーモニターについてよくある質問を紹介します。

どのベビーモニターがおすすめ?

おすすめのベビーモニターは、モデルの蛯原 友里さん(えびちゃん)監修のベビーモニター・BM-LTL2 です。

  • カメラの角度を自由に変えられ、寝相の悪い赤ちゃんや子供を追いかけて確認できる
  • 暗い場所でも、赤ちゃんの表情や動きをしっかり見ることができる

わたしは、このような理由で、買って後悔していません。

実際に4年間使用し、これから先も使い続ける予定です!

少なくとも、小学校に入学するまではお世話になりそうな予感。

みりんママ

ベビーモニターは、何のために使用するの?

ベビーモニターは、赤ちゃんが寝ている間に、ママやパパが安心して家事を行うために使用します。

もちろん映画や読書など、時間を有意義に過ごすために使うのもアリ!

具体的には、赤ちゃんが寝返りをして窒息していないかや、ベッドからの転落が起きないよう確認するためのものです。

ベビーモニターがあれば、赤ちゃんが寝ているお部屋に、何度も確認しに行く手間がはぶけますよ。

ベビーモニターは、赤ちゃんが生後何ヶ月目から必要?

ベビーモニターが最も活躍するのは、新生児から2歳頃までです。

ただし、ベビーモニターの使用期間は定められていないため、生活スタイルに合った使い方ができるでしょう。

たとえばわたしの場合だと、夜に子供が寝てから仕事をすることがあるため、4歳になった今でも重宝しています。

忙しいママさん、いつも本当におつかれさまです。

ベビーモニターに頼って、少しだけでも自分の時間を有意義に過ごしてくださいね!

みりんママ

ベビーカメラはどこに置くの?

赤ちゃんを映すベビーカメラを置く場所は、赤ちゃんがどこで寝るかによって変わります。

大人用のベッドの場合、ヘッドボード(ベッドの頭側に取り付けられた小物を置く板)に置いて問題ないでしょう。

ベビーベッドへの取り付け方法については、次に紹介します!

みりんママ

ベビーベッドに、ベビーカメラの取り付け方法は?

ベビーベッドでベビーカメラを使用する場合、「別売りのアタッチメントが必要なのかな?」と思うママも多いのではないでしょうか。

アタッチメントとは、ベビーモニターをベビーベットの柵などに取り付ける別売りのアクセサリーのことです。

PR

結論から言うと、わたしはアタッチメントなしで4年間使用して問題なかったです。

下の画像のように、赤ちゃんの頭の上の方にカメラを置いていたのですが、しっかりと赤ちゃんの様子を確認できました。

カメラと赤ちゃん(と見立てた犬のぬいぐるみ)の距離があるため、カメラやコードが赤ちゃんに当たって危険ということはないと言えます。

実際にモニターでは、下の画像のように表示されます。

赤ちゃんが眠っているか、窒息していないかなどを確認するには十分でしょう。

「赤ちゃんの近くにカメラを置くのは心配」と思うママは、別売りのアタッチメントを購入するのがおすすめです。

トリビュートは忙しいママが安心して過ごせる神アイテム

本記事では、実際にえびちゃん監修のベビーモニター・トリビュート(BM-LTL2) を4年使用しているわたしが、メリット・デメリットや、口コミ、そして必要性について徹底解説しました。

忙しいママにとって、ベビーモニターは神アイテムと感じるのではないでしょうか。

トリビュートのデメリット 3つ

  • モニターの充電が切れやすい
  • カメラはコードレスにできない
  • 値段が高い

>>トリビュートのデメリットを見る

トリビュートのメリット 5つ

  • 暗い場所でもはっきり赤ちゃんの様子が確認できる
  • 赤ちゃんを映すカメラの角度を、遠隔操作で上下左右変えられる
  • モニターを通して、赤ちゃんにママの声を届けられる
  • 赤ちゃんのいる部屋の温度が表示される
  • 充電式で持ち運びが便利

>>トリビュートのメリットを見る

ベビーモニターが1台あれば、リアルタイムで寝ている赤ちゃんの様子が確認できます。

安心して家事をしたり、趣味の時間を過ごしたりできますよ。

みりんママ

「もっと早くに買っておいたら良かった」と後悔しないように、準備しておきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みりん

フリーランス・アラフォーママ(👧4歳)|ブロガー・ライターとして活動中|さらに、Adobe Photoshop ・Illustrator マンツーマン講師をしています|元紙媒体デザイナー(デザイン歴は約15年)|かなりの旅行好きで、海外は12カ国行きました|八重山諸島が大好きで、独身時代は年に3回程度、一人旅していました|目標は親子留学、子供が巣立ってからは夫と世界一周すること

-baby・kids